​膝骨壊死に対する骨切り術

膝外側角 180° 以上、MRIで深さが20㎜を超えるものは、いずれ痛くなる可能性が高いですので、手術を勧めます。

重症度を正確に評価するためには、下肢全長レントゲン像とMRIが必要です

骨切りができるかどうかは、さらにTelos SE 外反ストレス撮影が必要です。

(膝周囲骨切り術のページを参考にしてください。     )

手術にならなかった例

​膝外側角180°未満、MRI深さ20㎜未満

手術になった例

​膝外側角180°以上、MRI深さ20㎜以上

膝骨壊死は、ほぼ正常膝から軽度大腿脛骨関節内側の軟骨が摩耗している患者さんの大腿骨内顆または脛骨内顆に起こることが多いです。

内顆(膝関節の内側の大腿骨化脛骨のどちらか)以外の軟骨・半月板・靭帯は比較的正常なことが多く膝周囲骨切り術を行い最も成績がよいのが膝骨壊死です。

膝骨壊死に人工膝関節置換術を行われている患者さんをしばしば診ますが、なぜ正常な膝関節外側の軟骨まで置換してしまうのか、正常な部分は残すべきと思います。

O脚が原因または内側の骨壊死でO脚になっていること多いので、高位脛骨々切り術をして内側にかかっている荷重を外側に移す根本的な治療が必要になります。

さらに骨壊死部の軟骨欠損が大きい場合は骨軟骨移植術(モザイクプラスティー)を追加します。

壊死部が大きな場合は骨軟骨移植をおこないます。

進行した特発性

大腿骨内顆骨壊死

大腿骨内顆骨壊死部

骨軟骨移植術

(モザイクプラスティー)

高位脛骨々切り術+骨軟骨移植術9年後

 

現在は膝関節鏡視下で骨軟骨移植術をおこなっています。

特発性大腿骨内顆骨壊死

MRIで黒い部分が骨壊死です

大腿骨内顆骨壊死部で軟骨が剥がれかかっています。

骨壊死部をきれいに削った後です。

1つ目の骨軟骨移植したあとです。

計3か所に入れました。

​Open wedge 高位脛骨骨切り術を行いO脚変形を治しました。

 

1年後の関節鏡所見ではきれいに軟骨ができていました。

 

Tel 045-681-5101