Tel 045-681-5101

現在メールの対応は

していません

高位脛骨々切り術+前十字靭帯再建術​

中年者の前十字靭帯損傷に内側関節裂隙狭小化を示すO脚変形を伴った場合の治療は、判断が難しいです。
1996年より上記にケースに高位脛骨々切り術のみを行いましたが、成績があまりよくなく、2003年からは世界中の論文を読んだ上で、スポーツ・レクリエーション活動をおこない不安定感と内側部痛の症状のうち、主症状が不安定感のケースに前十字靭帯再建術と高位脛骨々切り術をおこなっています。
現在の手術固定機器がでてからですが、2010年、世界で最初に英文報告しました。
最初に国内で発表したときには、理解が得られず、袋叩きにあいましたが、現在は、皆が行う手術となりました。おそらくまだ、スポーツ・レクリエーション活動も目的に骨切り術をおこなうことが、認められない時代だったんだと思います。
変形性膝関節症すなわち膝関節炎がベースにあるので、再建靭帯は5-10年もてばいいかなと考えています。私はこのケースには、シングルで再建しています。
手術手技については、こちらをご覧ください。