Tel 045-681-5101

現在メールの対応は

していません

​ナビーゲーション(コンピューター支援手術)

2006年から、エースクラップ社ナビゲーションを使用し、術後の正確なアライメントを目指した高位脛骨々切り術を行ってます。

​術後のナビゲーション使用と非使用の比較成績は、韓国のKim SJ先生には先んじられてしまいましたが、世界で2番目の報告をしています。

2011年からは、一時さらなる正確性を求めストライカー社ナビゲーションに変更しました。私が行ったストライカー社ナビゲーションOpen wedge高位脛骨々切り術の動画をご覧ください(解説は英語です)。

2016年からは、現在も使っている簡便なエースクラップ社ナビゲーションに戻りました。

以下は、エースクラップ社ナビゲーションを使ったOpen Wedge 高位脛骨々切り術の解説書と論文です(いずれも医者向けです)​。

​整形外科サージカルテクニック 膝周囲骨切り術 新たな治療戦略とピットフォール 10. Knee Osteotomy におけるナビゲーションの役割 

最初は、コンピューター支援のナビゲーションを使わなくても正確に手術ができると思っていましたが、残念ながら、ナビゲーションを使うと目標角度に対するばらつきが減りました、すなわち私の経験・技術より正確な手術ができました。

おそらく、ナビゲーションOpen wedge高位脛骨々切り術は、日本で私が一番多く手術をしていると思います。

当院でも、エースクラップ社のご厚意で6月からエースクラップナビゲーションが使用できるようになりました。

​エースクラップ社

ナビゲーション本体

​手術は以下の手順で行います

​手術前にレントゲンで計画をたてます

手術前

手術後予想角度

​1. マーカーの設置

​2. 股・膝・足関節の登録

​3. 表面の登録

​4. 手術中のモニタリング リアルタイムに角度が表示されます